東海技研サイクルン 東海技研サイクルンホーム サイクルンの特長 ゲート式サイクルン 個別ロック式サイクルン 駐輪システム管理 東海技研ホームページ 東海技研ホームページ
フォース
サイクルン
 
 ■効率良い通行
  一方向のみの回転ゲートを採用し,従来の機械式ゲートを
  はるかに上回る通行量を実現しました。
 ■安全面への配慮も万全
  電力を使わずに、ご利用の方が回転ゲートを押すことにより、
  お子様単独の場合や、幼児を乗せた場合にも、
 モーターが引き起こす挟まれ事故がなく、安全に通過できます。
 ■不正利用の完全防止
  回転ゲートは、一方向のみ回転するようになっていますので、入場ゲートから退場できません。
  また2台同時の通過も不可能ですので、駐輪場の不正利用を防止できます。
 ■保守管理の省力化
  従来の機械式ゲートと違い、シンプル構造のため故障などのメンテナンス 費用を大幅に軽減できます。
  また、駐輪施設に必要な管理人は自動料金システムにより最低限に抑えることができます。
 ■シンプル構造で低コストの実現
  従来からある機械式ゲートの複雑な駆動方法では、起動や危険防止時の各 種センサー設置にかかる
  初期コストが高くなります。
  サイクルンはシンプルかつ必要とされる機能を完備しており、設置コスト・運用コストは安価に済みます。
サイクルン
サイクルンシステム
2枚の回転ゲートがあり、角度90度を保ちながら、一緒に回ります。  

回転ゲートを約45度回すと、以降は自動で回ってはじめの位置で停止します。
(特殊カムの働きによります)

動力は使わず、人力で回転させます。
回転ゲートはボールベアリングで支持されており、極めて軽く回ります。
  退場の場合、後方の回転ゲートが自転車を遮断する角度でロックが働きます。
利用者が料金を支払うか、定期券の利用でロックは解除されます。
また逆回転できない構造になっています。    

東海技研へのお問合わせは

 
東海技研株式会社
 
資料の請求は 
  資料請求